キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

中途半端な人生を送ってきたわ。

こんばんわ。ゲイのハンドメイド作家よ。

 

いろいろと中途半端な人生を送ってきたわ。

 

小さい頃には歌手になりたかった。

中学校ではアナウンサーでテレビやラジオ曲で働きたかったわ。

高校ではラジオのパーソナリティになりたくて

大学に入ったらデザイナーになるのを夢見た。

 

 

まわりは夢なんか無いっていう人が多かったわ。

なんで夢を持たないのかしら。やりたいことはないのかしら。ってずっと思ってた。

だけど私は夢が多すぎて全部中途半端になっちゃった。

結局どれもちゃんと叶えることはできなかった。

俯瞰してみればわたしも夢がなかった人生だったということか。

 

どっちが正解でどっちが幸せなんだろう。

そんなことを考えることもあったわ。

 

内定をもらった会社も蹴って、留学するなんて嘘をついたけど

結局わたしはやりたいことが決められなくて

ひとりで考える時間が欲しかっただけなの。

 

 

ハンドメイドは喜びがたくさんあるのよ

もう一度自分が心からやりたいことをみつけなきゃ。

 

確かな職業や、やりたいことは見つけられなかったけど

「人に喜んでもらいたい」

これは小さな頃からわたしが大事にしてきたことだって思い出せた。

 

ハンドメイドは自分で作ったものを、自分で相手に届けることができる。

自分が作ったもので、相手の喜んでいる姿を見ることができる。

 

元々自分でものを作ることが好きだったわたしは、ハンドメイド作家がとても合っていたの。

はじめて自分の作品が売れた時はとても嬉しかった。

お客様からのレビューはわたしの宝物よ。

 

 

それでも…ハンドメイドで生計を立てるのはとても難しい。

成功するのはほんの一握りの人。

けれど不可能では無いはずよ。

 

どうすればハンドメイドで生計を立てられるのか。

この答えはしばらく時間がかかるかもしれないわね。

そのために記録としてこのブログを始めたの。

 

こんどこそ中途半端に終わらせないように。

 

たまにはこんな感じでブログを書くのもいいわね。

 

それじゃぁね。

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪