キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

私がハンドメイド販売にpinkoi(ピンコイ)を選ぶ理由。

みなさんこんにちは。ゲイのハンドメイド作家よ。

ハンドメイド活動捗っているかしら?

 

今日はハンドメイド販売サイトの紹介よ。

わたしが今一番おすすめしたいハンドメイド販売サイト

pinkoi(ピンコイ)」よ。

 

 

pinkoiは台湾発のハンドメイド販売サイト。

ピンクのロゴがかわいいわね。

ピンコイは台湾発のサービスだけど台湾の利用者ばかりではないのよ?

中国、韓国、香港、シンガポールなどアジア地域を中心にいろいろな国で展開しているの。

 

 

海外に目を向けてみない?

日本のハンドメイド販売サイト、例えばminneやCreemaとpinkoiの違いはなんといっても「海外販売」だと思うわ。

 

pinkoiはアジア最大級のハンドメイド販売サイトを謳ってるわ。

たしかに日本のハンドメイド作家の作品よりも海外の作品が目立つわね。

それだけ海外の利用者が多いってことよ。

 

日本国内のハンドメイド販売は生き残りをかけて日々熾烈な戦いが繰り広げられているけど、やっぱり早いうちに海外に目を向けることはとても大切なことだと思うのよね。生き残りたければ。

それをサポートしてくれるのは今の所minneでもなくCreemaでもないわ。

pinkoi」よ。

<追記>

iichiとcreemaが資本業務提携を行ったわよ!

日本のハンドメイド界が海外に目を向け始めた!?最初に日本海を越えるのはiichiだ。 - キノコノコのブログ

 

日本のお客さんと海外のお客さんの違い

国内だけでハンドメイド販売をしたい人はどうぞご自由に。

 

でもね、海外の人に販売できるってやっぱり嬉しいものよ?

それに海外(主にアジア)のお客さんって日本のお客さんとは違うところがあるのよ。

 

あんたちょっと買いすぎじゃない?

ひとつは買い物の個数ね。

海外のお客さんは一度に複数個かお買い上げしてくれるのよ。

わたしの経験だと単価3,000円以上のものでも多い人で6個、平均でも2・3個買ってくれるわね。

もちろん海外発送の送料が高いから、一度にたくさん買ったほうがお得っていうのはあると思うんだけど。それを抜きにしてもやっぱり日本のお客さんに比べて買う量は多いし、購買意欲も高いと思うの。

だから客単価もアップするし、売り上げにとても貢献してくれるわよ?ふふふ

 

 

あんたって写真大好きね。

そしてもうひとつはレビューがとっても丁寧なのよ。

日本のハンドメイド販売サイトもレビュー機能はどこもついてるし

どこが良かったか、悪かったか、書いてくれるお客さんも多いから丁寧なレビューは多いと思うんだけど...。

 

pinkoiで購入する海外のお客さんはレビューに写真を載せてくれることが結構あるのよ。

自分の作品を使ってくれている写真を笑顔と一緒に載せてくれるの。

これって日本だとほとんど見ないじゃない?

海外のお客さんだからこそって感じがするのよね。

自分の作った作品がお客さんの手に渡ったあとにどう使ってもらえるのかイメージって湧きにくいじゃない?

でも使用写真を載せてくれることでちゃんと相手に届いて、使ってもらえたっていう実感が湧くもんなのよ。

 

pinkoiの作品は洗練されている。

pinkoiのサイトを見るとよくわかるんだけど

作品が洗練されていると思わない?

 

minneやCreemaに比べてると作品のデザイン性が高い気がするのよ。(くそおかま個人の見解よ?)

それには理由があってpinkoiには作家登録する際に審査があるの。

クオリティの基準を維持するためよ。

 

掲載されている作品が洗練されているって結構大事なこと。

minneやCreemaって誰でも販売が出来るでしょ?

それって規約に違反していなければどんな作品でも売ることができるってことよ。

例えゴミのような作品でもね。

 

でもゴミが多くなっちゃうとそのサイト自体の信用も下がってしまう。

そしてサイトの信用は、そこで販売されるすべての作品への信用にもつながるのよ。

洗練された作品が並べば並ぶほど、そのサイトで販売されている作品全体の信用が上がっていく。

信用が保証されているサイトって販売する側のハンドメイド作家として安心だし、

自分もクオリティを下げないように頑張ろうという気持ちにもさせてくれるわね。

掲載されている作品が洗練されているって大事なことなのよ。

 w

あら、長くなっちゃうわね。

今日はここまでにして

次はpinkoiの販売システムについて話そうと思うわ。

kinokonoko-h.hatenablog.com

 

それじゃぁね〜。

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪