キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

海外のハンドメイド販売におすすめのpinkoi(ピンコイ)のシステムって?

こんにちは。ゲイのハンドメイド作家よ。

前回のブログでハンドメイドの海外販売をしたいならpinkoiがおすすめっていう記事を書いたわ。

 

kinokonoko-h.hatenablog.com

 

 

今日はその続き、ピンコイのシステムについて書くわね。

 

 

作品登録の作業がほぼ不要!?pinkoiは作家に優しいわね。

まず前回の記事でも触れたようにピンコイで販売するには最初に審査を通らないとダメよ。

これはサイト全体の作品クオリティをある程度維持するため。

ちょっとハードルが上がるけど、売る側にとっても品質が維持されたサイトで販売できるのはメリットになるんじゃないかしら?

 

審査が通ると作品の登録ができるわ。

...minneやCreemaを使ったことがある人はわかると思うけど

これが結構大変なのよね。

とくに作品数が多い人はキーボードとの戦いよ!!

 

だけどね。pinkoiはそんな作家の苦労をちゃんとわかっているの。

 

なんと!

すでにminneやCreemaで販売している場合、ギャラリーページを知らせるだけで作品の写真や商品説明のデータを抽出してくれるのよ!!!とっても便利でしょ?ね?

 

これは他のハンドメイド販売サイトでは見かけない機能よ。

作家のことを考えている証拠ね。やるわね。

 

海外発送にはEMSがとっても簡単。そして安心。

海外販売で心配になるのは発送の仕方よね。

iichiだと海外発送する場合iichiに作品を送ればあとは海外に勝手に送ってくれるんだけど、pinkoiは自分で発送しないといけないわよ。

 

私はpinkoiで販売するまで海外に荷物を発送したことがなかったからわからなかったけど、これが結構簡単なのよ。

 

私は日本郵便のEMS(国際スピード郵便)を使っているわ。

日本郵便だと他にも国際eパケットや航空便、船便を取り扱っているけど

EMSは追跡や補償もあるし、他の方法よりも早く到着するのよ。

たくさん送る場合は宛名のラベルも無料で印刷してくれるからとっても便利。

ただ他の発送方法よりも少しだけ料金が高いわ。そこは兼ね合いよ。

私の作品だとほとんど900円で発送ができているわ。

ちなみに相手の住所もpinkoiに書かれているものを書き写すだけよ!簡単!

<追記>

2016年6月より料金が改定されたわよ!

詳しくはこちら→

 

成約手数料は高い?低い?

もちろんpinkoiもminneと同じで成約手数料が掛かるわ。

ただ出品するのは無料で、商品が売れた時にお金が発生するのよ。ここもminneと一緒ね。

気になる料金だけどpinkoiのサイトに詳しく載ってるわ。

 

  1. 1 
    ご購入者様の決済方法が Paypal・クレジットカード・Alipay・微信(WeChat Payment)・財付通(Tenpay)・LINE PAY の場合Pinkoi へのギャラリー管理費として商品価格 + 送料の 10%、及び、決済代行会社への決済手数料として商品価格 + 送料の 5% + 10 台湾ドルが請求されます。
    ※(商品価格 + 送料)x 15% + 10 台湾ドル
  2. 2 
    ご購入者様の決済方法が [ 台湾のコンビニエンスストア ]、または [ 台湾の銀行による振込 ] の場合Pinkoi へのギャラリー管理費として商品価格の 10% 及び、決済代行会社への決済手数料として 15 台湾ドルが請求されます。
    ※ 商品価格 x 10% + 15 台湾ドル
  3. 3 
    ご購入者様の決済方法が [ 日本のコンビニエンスストア ] または [ Pay-easy ] の場合Pinkoi へのギャラリー管理費として [ 商品価格 + 送料の 10% ] 及び、決済代行会社への決済手数料として [ 商品価格 + 送料の 5% ] または [ 商品価格 + 送料の 5% ] が 160 円に満たない場合は [ 160 円 ] が請求されます。
    ご利用可能なコンビニエンスストア:ローソン、ファミリーマート、 サンクス、サークルK、 MINI-STOP、 デイリーヤマザキ、 セイコーマート、 スリーエフ
    ※(商品価格 + 送料)x 15% または(商品価格 + 送料)x 10% + 160 円

pinkoi:http://jp.pinkoi.com/page/store-intro

 

見ての通りお客様の決済方法によって手数料も変わってくるわよ。

わかりやすく実際に3,000円の商品が売れて送料が900円だった場合を想定してみましょう。

台湾ドルは1台湾ドル日本円で3.5円で計算するわね。

 

1の場合

(商品価格3,000円+送料900円)×10%=390円

15台湾ドル(15×3.5円=52円)を足して

=442円

 

2の場合

(商品価格3,000円+送料900円)×15%=585円

10台湾ドル(10×3.5円=35円)を足して

=620円

 

3の場合

(商品価格3,000円+送料900円)×15%=585円

 

3000円の商品を売ると

大体450円〜620円の手数料を取られるってことね。

 

さぁこれが高いと思うか、安いと思うか...。

私はねこれだけ簡単に海外に商品を売れるんだから悪くない手数料だと思うわよ?

 

 

ワタシ日本語シカ話せないわよ?

これも気になる人多いんじゃないかしら?

そう。言語問題よ。

 

「わたし日本語しか話せないわよ!」

わたしだってそうよ!

商品説明を全部英語で書けなんて言われたら発狂もんよ!

 

でもねpinkoiはそんな日本人にもとっても優しいの。

商品説明も全て英語に翻訳してくれるのよ。

私たちは今まで通り日本語で商品説明を書いて、商品の登録をすればいいのよ!超親切じゃない?

 

しかも、お客様からメッセージが届いた場合、これも問い合わせればすぐにスタッフの方が翻訳してくれるわよ。

 

作家のことを真剣に考えてくれているわね。大好き!

 

海外販売してみたくなったんじゃなぁい?

さぁここまで機能がそろって、サービス満点で、

海外販売をするのに「pinkoi」を選ばない人なんているのかしら?

 

な〜んてこんなにpinkoiをベタ褒めするなんて

なんか裏があるんじゃないかと思った?

 

わたしはpinkoiから一銭も、1台湾ドルも頂いてないわよ!

ただ海外販売をしたかった私にぴったりのサービスだったから紹介したのよ。

わたしは自分が使ってみて本当に便利なもの、好きなものしか紹介しないわよ?

 

ただこんな記事書いたんだからpinkoiさんにはわたしの特集ページを作っていただいても構わないのよ〜??おほほ。

 

 

それじゃぁねぇ。

 

jp.pinkoi.com

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪