キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

minneやCreemaで初心者がまずやるべき施策《その1》

 

こんにちは。ゲイのハンドメイド作家よ。

 

ハンドメイド販売、売れないわ!!!っていうそこの作家さん。

ミンネクリーマでハンドメイド作品を初心者が売るにはちょっとしたコツが必要よ。

 

 今日はハンドメイド販売で初心者がやるべきコツをお教えするわよ。

  

 

 

ハンドメイド販売サイトはゲイの世界に似てる? 

 

私も最初の1ヶ月はなかなか売れなかったのよ。

あーでもない、こーでもないっていろいろ試行錯誤して、やっと少しずつ売れていったの。

 

でもね、売れないのは当たり前。だって競合がたくさんいるんだもの。

ミンネクリーマには趣向を凝らした素晴らしい作品から、う◯こみたいな作品までたっくさん出品されているわよ。

だから見てもらうこと自体難しいのよね。

 

これはゲイの世界でも一緒よ。(無理やり

世間が思ってるよりゲイの数は多いの。

そりゃもう、超絶イケメンから私みたいなう◯こまでたくさんいるのよ。

イケメンにどうやって見つけてもらいアクションを起こしてもらうのか。ゲイにとっても死活問題よ。

 

ということで今日はゲイとハンドメイド作家、二つの熾烈な戦いに参戦してきたワタクシが

ハンドメイド販売サイトで自分の作品を見てもらうにはどうすればいいのかをお教えするわよ。

 

 

写真はゲイとハンドメイドの命!!! 

 

f:id:kinokonoko_h:20160205100727j:plain

 

まずは写真よ。

これはminne(ミンネ)やCreema(クリーマ)の公式もよく言ってるわよね。

まずは写真をなんとかしろ!って。

 

 

写真って本当に大事よ。

百聞は一見に如かずっていうじゃない?

 

どれだけイケメンって文章で説明されても

想像するのは難しいわよ。

 

実物以上に美化して、実際に会ってみると不細工だったりするじゃない?

やっぱりちゃんとした写真を用意してもらわなきゃ。

 

でもね。ただ写真を用意すればいいってもんじゃないのよ。

あなたの作品写真。不細工じゃないかしら??

 

いくら作品が素敵でも。

写真が暗かったり、作品の周りが汚かったりしたら、誰もときめかないわよ?

 

イケメンが鏡を使って自撮りをしても

その鏡が水垢びっしりだったら、ときめきが半減するのよ。あれは不思議ね。(ゲイあるある

 

 

作品写真のポイント 

 

作品写真のポイントは

1、明るく

2、きれいに

3、雰囲気良く

 

 

これよ。

これが揃えば多少作品が下手でもなんとかなるわよ。

不細工でも清潔感出せばそれなりにモテるってやつと一緒よ(違う

 

 

 日の光と写真加工アプリでばっちり

 

1の「明るさ」に関していえば、日光を利用するのが一番ね。

光が入る午前中に部屋の中で撮っちゃうか、なんなら外で撮ってもいいわよ。

 

他にも写真編集ソフトを使う手もあるわね。

Photoshopが有名かしら。

 

でもね、あなたあまり高度なことは苦手でしょ?

 

そういう時はスマホのアプリを使うのがいいわよ。

明るさやコントラストを変えるアプリなんて山ほど出てるのよ。

それを使えばすぐに明るい写真を用意できるわよ。

 

私がよく使うのは「VSCO」

 

VSCO

VSCO

  • Visual Supply Company
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

これは明るさとかよりもフィルターが優秀で

おしゃれさん御用達の写真加工アプリよ!

 

もちろん明るさ調節とかも簡単にできるわよ。

 

 

白バックとウッドバックは鉄板!

 

2の「きれいに」は場所ね。

よく言われるのは白バック。

 

作品を際立たせるのに効果的よ。

それに白色は清潔感をもたせてくれる。

初心者さんならこれで間違いないかもしれないわね。

 

白バックなら白色の布を2mぐらい買っておけば壁に貼ったり床に敷いたりして作品を撮れるわよ。

 

他にもホームセンターで木材を買ってきてペンキで塗ればおしゃれなウッド背景を簡単に作れるの。

3,000円ぐらいでできるし、これおすすめ。

白バックに慣れたらこういう小道具を作ってみるのもありよ!

 

 

お客は雰囲気を求めてる。

 

そして3の「雰囲気」ね。

 

これが結構大事だったりするのよ。

この作品を使った時のイメージを想像させたり、どういう雰囲気の作品なのかを一瞬で刷り込ませるの。

 

たとえばアクセサリー作品だったら

そのアクセサリーはどういうシーンで使うものなのか考えてみて?

カジュアル?フォーマル?

ちょっとしたお出かけ?それともよそいき?

 

もし結婚式とかパーティなどよそいきな場所につけていくアクセサリーなら

結婚式をイメージできるアイテムをテーブルに置いて、アクセサリーと一緒に撮ったり

実際に結婚式の服装になって、アクセサリーをつけて撮ってみたり

雰囲気を一瞬で判断できる写真を用意するのよ。

 

そしてこの写真はさっき紹介した画像加工アプリ「VSCO」のフィルターを使うととってもいい感じの写真が出来上がるわ。

慣れた人はぜひ組み合わせてみて!

 

これを用意するだけで、他の似たようなアイテムよりもグッと購買意欲が上がると思うわよ。

 

それにこういった写真はSNSでも使うことができるし、用意して損はないの。

 

私は写真に関しては商品の詳細写真を3〜4枚。

雰囲気写真を1〜2枚用意するようにしているわ。

 

 

 

さて、写真が用意できたら土台はできたも同然よ。

あとはアプローチしていくのみ。

 

でもどうやってアプローチすればいいのかしら?

それは次回に続くわ!

 

kinokonoko-h.hatenablog.com 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪