キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

小学四年生の少年がタッキーに恋した話。

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 今日はハンドメイドと関係ない話よ。

 

わたしっていつゲイに目覚めたのかしら。そんなことを昨日の夜ふと考え出しちゃったもんだからもう大変。夜中の4時まで寝られなかったわ。

結局、いつゲイに目覚めたかなんて確かなことは覚えていなかったんだけど、芸能人でタッキーを好きだったことは確かよ。

 

f:id:kinokonoko_h:20160318205454j:plain f:id:kinokonoko_h:20160318205514j:plainあら良い身体♡

 

たしか小学四年生の頃、みなさんも一度は手に取ったことがあるだろう『小学◯年生』という雑誌。懐かしいわよね〜。その雑誌についてた付録よ!付録に折り込みポスターみたいなのが付いてたのよ。そのポスターがタッキーだったの。なんて美少年なんだろうって思ったわ。それからテレビでタッキーが映るたびに、食い入るように見つめていた。他にもタッキーにはいろいろお世話になった(意味深 

で、その折り込みポスターも勉強机の隣に吊るしたカレンダーの裏にペタッと貼り付けて、いつでも見れるようにしていたの。もう気分は乙女よね。

だけどある日地震があってカレンダーが落ちてしまったのよ。リビングから勉強机が見える仕様だから気づいた時にはタッキーがリビングの私たちを見つめていたわ...。親や兄弟は気づいていたのか分からないけど、当時は何も言及されなかった。きっと見て見ぬ振りってやつね。

この事件を境に、卑しいものは分かりやすい場所に隠してはいけないことを学んだわ。だから今タッキーよりも遥かにいやらしいものを持ってるけど、とてつもなく分かりにくいところに隠したわ。隠したのよ。隠したはずなのよ。どこいったのよ。隠れたまま出てこない。行方不明なんだけど!!!!

これじゃ見つかるまで死んでも死にきれないわ。

 

でも不思議ね。小学生の頃あんなにタッキーに恋してたのに、今じゃなんとも思わない。今は坂口健太郎一筋よん♡

って感じで私がゲイに目覚めたのはきっと小学四年生頃なのよ。若い頃から男好き〜。 

 

って思ってたのよ。思ってたんだけどね...。

先日甥っ子と遊んでたら母から

「甥っ子はほんといろんな人に懐いて偉いわね〜あんたが赤ちゃんの頃なんて男の人にしか懐かないし、笑顔も振りまかなかったんだから。」

 

 

ということで私は生まれつきゲイで男好きだったようです。

 

それじゃぁねぇ!

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪