キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

トランスジェンダーの彼はあそこを付けたがってる

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。今日はハンドメイドの話じゃないわよ。

 

昔誰かが言ってたの。

「人は自分に無いものをすぐ欲しがる。」

 

そうよね。人間は無い物ねだりの生き物よ。

私ももっと背が欲しかったし、大きなクリッとした目も欲しかったし、自分を最大限に引き出す自撮りスキルも欲しかったわ。

程よくアピールできる筋肉も欲しかったし、程よい筋肉をアピールするイケメンも欲しかった。(おい

 

だけど結局そんなものが手に入ら無くても、人間はそれなりに生きていけるのよ。現に私はずっと無い物ねだりをしながらも結局ひとつも手に入らなかった。だけど生き続けてる。(悲しいわね。

 

でもね、本当はあるはずのものが無い場合、これは無い物ねだりっていうのかしら?

 

 

f:id:kinokonoko_h:20160324214128j:plain

私には中学からの友達が3人いるのよ。そのうちの2人は看護師をやっている女の子で、もう1人がトランスジェンダーの彼。

女性の身体で生まれてきたけど、昨年手術も終えて戸籍も男性に変わっているわ。

 

そこにゲイである私がいる。なかなか出会うことの無い組み合わせよね。女の子二人もとても味のある二人だし、こんな4人が友達として揃ったことの奇跡を感じながら「恐ろしい組み合わせよね〜」なんて言い合ってる。

 

それでもLGBTの仲間が一人いて、女性2人も私たちを理解してくれていて、とても居心地がいいのよ。

 

先日も4人で居酒屋で食事をしたんだけど、いつも通り恋愛の話、仕事の話とくだら無いような話題で盛り上がって楽しい時間を過ごしていたの。

だけどトランスジェンダーの彼が突然「あそこを付けようと思ってる」なんて言いだしたのよね。

あそこっていうのはペニスのことよ?

 

急にそんなワードが飛び出すもんだから私たち「!?」って驚いちゃったんだけど

私は瞬時にどこに驚いてるのか判断がつかなかったのよね。

 

急にそんなワードが出てきたことに驚いたのか。

あそこがそんな簡単につけられることに驚いたのか。

そもそも彼らが付けることのできるあそこがあるという事実に驚いたのか。

 

私たちが驚いてる間に彼はiPhoneで画像を見せてくれたんだけど、これが本当にそのまんまペニスなのよ。

私はゲイだから、普段自分のも含めていろいろなあそこを見てきてるんだけど(!?

ほんとそのまんまの形。

 

ちなみにここでいうあそこはおもちゃとかの話じゃないからね。

これでちゃんと排尿もできるし、性行為時の機能も果たせる?らしいのよ。

技術の進歩って素晴らしいわね。

 

後に調べたら女性から男性になる際に陰茎形成っていうのは前から手術でできてたみたい。それでも手術の仕方とかはいろいろあるみたいで、彼が行う施術がどういうものなのか詳しいことは聞いてなかったから分からないんだけど、興味がある人は調べてみてね。

 

でもよく考えてみたらトランスジェンダーの彼らは本当に苦労していると思うのよ。

だって公衆トイレを使うときもとても神経を使っているはずよ。

銭湯なんかのお風呂屋さんだって入ることができなかったり、ためらったりするわけじゃない?

 

私たちが普段何気無くできていることに、ものすごくストレスを感じているかもしれ無いのよね。

 

それでも技術は少しずつ進歩していて、彼が望めばあそこをつけることもできる。

もちろん完全な機能を果たすわけではないのかもしれ無いけれど、それでも生きやすくなることは確かよね。

 

こういうのは保険とか効かないのかしら?ちゃんと保険適用されるべきよね。

だって本当は彼にあるはずのものなんだから。

 

私はゲイのくせにLGBTのこと全く知らないし、知識も浅いの。

だからこのブログで話していることに間違いもあるかもしれないわね。ごめんなさいね。そのときはちゃんと指摘してちょうだいね。

 

 

まぁ、彼が嬉しそうにその話をするから、最後は私たちまで嬉しくなっちゃって、「付けな付けな!どーんと思いっきし!」なんて3人で背中を押したわ。

 

みんなが少しでも生きやすい世の中になるように。

いつか彼と銭湯に一緒に行く日が来るのかしら?なんだか照れるわね。

 

 

でもね、彼が見せてくれたあそこなんだけど。

 

私のあそこより立派で、なんだか悔しかったわ!!!!(なんだそりゃ

 

それじゃぁねぇ!

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪