キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

ハンドメイド販売での偽造品・権利侵害の作品が結構やばかった。

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 

少し前にこんな記事を見つけたんだけど、すっかり忘れてたわ。

bylines.news.yahoo.co.jp

日本のハンドメイド販売サイトでも時々見かけるわね。

偽造品や権利侵害をした作品。

 

個人が気軽に作品や商品を売買できる仕組みが増えると、必ず問題になる。

minneやcreemaなど、ハンドメイド販売サイトを運営する側も、この問題について考えなきゃいけ無いわね。

 

 

海外では非常に多い権利侵害

f:id:kinokonoko_h:20160427195255p:plain

記事にも書いてある通り、アメリカでは結構問題になっているらしいのよ。

海外で有名なハンドメイド販売サイト「Etsy」

minneやcreemaみたいに個人でハンドメイド作品を売買できるサイトとして、世界的に有名ね。

 

この記事では、2015年の調査会社の発表によるとEtsyに登録している作品のうち約200万点が、偽造品や何らかの権利侵害のある作品だと推測されているとのことよ。

200万点ってすごい数よね。minneに登録してある作品と同じぐらいの数よ。

それだけEtsyが大きいサービスってことなんだろうけど...。それにしてもすごい。

 

日本の権利侵害作品も結構やばかった。

元記事を辿ると、実際に権利侵害に価する作品を見ることができるんだけど、写真に載っているのはディズニー関係のものね。

他にもセサミストリートや、スターウォーズ、キティちゃん等が権利侵害されているみたい...。

 

私も権利侵害の作品を日本のハンドメイド販売サイトで見かけたことがあったわ。

だけどこの記事を読んで一度検索をかけてみたの。

 

そしたら出るわ出るわ。

完全にアウトのものから

非常にグレーゾーンのものまで。

 

興味のある方は一度キャラクター名を入れて検索してみるといいわ。

 

キャラクター名やブランドの名前を作品名に記載しているのはアウトよね。

キャラクターのイラストを作品に施しているのもアウトでしょ。

先日、生地の商用利用について記事を書いたけど

キャラクターの生地は商用利用禁止されているから、これらを使っているものもアウト。

kinokonoko-h.hatenablog.com

 

ただ「◯◯モチーフ」だったり、非常にグレーなものも多いのよね。

 

いやーー。ちょっと驚いた。

 

取り締まるのは誰?どこまで?どうやって?

じゃあこれをどうやって取り締まればいいのかしら。

誰が取り締まるべき?やっぱりminneやcreemaといったハンドメイド販売サイトの運営側?

 

minneの規約には、権利侵害の作品を販売発表しちゃいけ無いことになっているわ。

第27条(作品データ等)

  1. 会員は、当社に対し、作品データ等本サービスを利用して本サービスサイト上にアップロードするテキスト、画像、その他一切の情報(以下、「作品データ等」といいます。)またはその表示、公開により、第三者の著作権等一切の権利を侵害していないことを保証するものとします。作品データ等の内容、権利、表示方法等に関して、第三者によりクレーム、トラブル、請求、紛争等(以下、「クレーム等」といいます。)が発生した場合には、会員の責任と費用においてクレーム等を解決するものとし、当社に対して何らの損害を与えないものとします。ただし、当社が第三者からクレーム等を受けた場合、当社の判断で会員に対して連絡をとることができるものとします。

    引用:https://minne.com/terms

だから権利侵害の作品を出品するのは規約違反なのよ。

ただ現状、権利侵害の作品が登録されていることも事実よ。

 

じゃあminneが取り締まってい無いかというと、それもわからなくて、実際取り締まりを行っているからこの数で済んでいるっていう見方もできるわよね。

それは私たちでは判断でき無いわよね。

 

そしてグレーゾーンのものはどこまで取り締まれるのかしら。

ここらへん、非常に難しい問題だと思うの。

 

システムを利用して事前に防ぐこともできるかしら?

作品を登録時に「ディズニー」「ミッキー」といった単語を禁止ワードにして登録でき無いようにするとか?

 

じゃあ、有名なキャラクターやブランドじゃない場合は?

個人のアーティストが権利侵害されたらどうすればいいの?

 

んーー。難しい。

ハンドメイド市場が大きくなる一方、やっぱりこういった問題も大きくなっていくのかしらね。

もちろん全員で考え無いといけ無い問題なんだけど、今後息の長いサービスになるよう、ハンドメイド販売サイトでも策を投じて欲しいわね。

 

現状は個人の倫理観に任せるしかないよね。

結局は紹介した記事の人と同じ見解になっちゃうけど、個人の倫理観に任せるしかないと思うのよね。

 

私がみる限り日本のハンドメイド販売サイトで見つけた権利侵害のもので、本当に大きく稼ぎたいために販売している人はごくわずかだと思うのよ。

 

大半の人は無知だったり、自分の作ったものを売ってみたいっていう好奇心?から販売しちゃってる人も多いと思うのよ。「少しだけなら」ってね。

 

でもね、もちろんそれは大きな問題だし、罪なのよ。

知ら無いから、少しだなら。っていう問題じゃ無いと思うのよ。

ダメなものはダメ。大半の人はそれを守っているんですから。

 

だから権利侵害について啓蒙するのが一番の策なのかしらね。

 

権利侵害を侵した奴には絶対天罰が下る!そう考えましょう。

わかるわよ。あなたの気持ち、とてもわかります。

「私はちゃんとルールを守って作品を作り、販売している!なのに何であいつは権利侵害してるのよ!しかも売れてる!!ムカつくわ〜〜!!!!」

 

ムカつくわよね。潰してやりたいわよね。サイバー攻撃でも仕掛けてやりたいわよね。

うんうん。わかる。私もそう思う。

でもね、そんな奴にムカついてちゃダメ。

そういう奴は絶対続かない。どこかでボロが出るのよ。

イライラせずに私たちはもくもくとハンドメイド活動に勤しむのよ。

へんな奴に時間を使うより、その間に自分のスキルとセンスを磨きましょ。

 

それに違反している奴はちゃんと天罰が下るのよ。きっと。

 

酷い水虫なったり、包茎が悪化しているはずよ。トイレは何度もつまりまくってるはずだし、エロ動画見ても電波弱くてカクカクになって、なかなかイケなくてイライラしているはずなのよ。因果応報よ。来世も水虫よ!カクカクよ!絶対!一体何の話だ!!(投げやり

 

それじゃぁね〜!

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪