キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

あなたの作品安すぎない? ハンドメイド作品の価格設定を考えよう。

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 

ハンドメイド販売サイトや作家さんのツイッターアカウントを見てると、びっくりしちゃうことがあるのよ。

 

あなたの作品の価格、安すぎない??

 

他の作家さんの値段のつけ方にとやかく言うつもりはないんだけど、ハンドメイド販売である程度の収入を得たいなら、価格設定はもう少しよく考えたほうがいいんじゃないかしら?

 

 

正当な価格設定をしないとハンドメイド作家を続けられないわよ。

f:id:kinokonoko_h:20160507031131j:plain

非常に凝った編み物や、しっかりとしてそうな鞄。

丁寧な仕事をしている革作品や布作品が安く売られているのをみると「え、大丈夫!?」っって思ってしまうのよね。

 

ハンドメイド販売はちゃんとした値段を設定しないと、収入が少ないだけじゃなくて赤字になっちゃうことも多いのよ。

たとえ赤字じゃなくても稼げるお金が微々たるもんだったら、続けていくのは難しいじゃない?モチベーションも上がらないわよね。

だからね、別にべらぼうに高い値段を設定しろって言ってるんじゃなくて、あなたの労力に見合っていて、これからも続けていける値段の設定をしましょうよってお話なのよ。

 

ハンドメイド販売に関わってくるお金

ここで改めてハンドメイド販売のお金について考えておきましょう。

ハンドメイド販売を行うにあたり、大きく分けて4種類のお金に関わる項目が出てくるわ。

・売上

その名の通り売り上げたお金ね。あなたが自由に値段設定して決めるものよ。

 

・売上原価

売り上げた作品の原価ね。材料代のことよ。生地だったり、金具などの部品だったり、作るものによって変わってくるわ。

 

・販売手数料

ハンドメイド販売サイトや委託販売などで作品を販売する際に支払う手数料のこと。

minneやcreemaだと大体10%前後の販売手数料がかかるわね。

 

・経費

作品を製作・販売するにあたり発生するコストね。

作品を発送する際に使用する封筒やテープ代、材料の仕入れに行く際にかかる交通費などあらゆるものが経費となるわ。

 

これを見ると改めて分かるけど、作品の収入っていうのは単純に「売上」から材料等の「売上原価」を引いただけでは無くて、手数料や経費のこともよく考えないといけないのよ。

 

これができていないから、最初の値段設定がおかしくなってしまうんじゃないかしら?

目先のお金の話だけじゃ無くて、半年先、一年先のことまでちゃんと考えること。

これがビジネスなんじゃないのかしら?

だってせっかく始めるのなら、ちゃんと続けていきたいでしょ?

 

相場より高くなってしまうのは仕方ないんじゃない?

といってもある程度の収入を考えて値段を設定しようとしても、どうしても相場よりも高くなってしまうのよね。

特にハンドメイド作品じゃ無い大量生産型の商品と比べてしまうと割高感が出てしまうものね。

 

でもね、それはしょうがないんじゃ無いかしら?

だって手作りなんですもの。それだけ手間隙がかかっているのは事実でしょ?ちゃんとした正当な価格をつけることは間違ったことじゃ無いと思うのよ。

 

作る・売るための「センス」と「スキル」が重要

だからこそ、ここで重要になってくるのが、販売の「センス」と「スキル」なんじゃないかしら?

 

「作るセンス」と「売るスキル」

「作るセンス」と「作るスキル」はどれだけ自分の作品に付加価値を付けられるのか。

とても丁寧な仕事を早くこなしたり、他にはないアイデアの作品を作ったり、自分の作品でしか味わえ無いものを提供するのよ。

 

「売るセンス」と「売るスキル」

そして「売るセンス」と「売るスキル」は自分の作品をどれだけ魅力的に、効率的にお客さんにアプローチできるのか。

マーケティングのお話しにもなって来るんだけど、これは勉強すればある程度身につく力だと思っているわ。

 

この二つのセンスとスキルを組み合わせれば、作品に正当な値段をつけても必ず売ることができるし、お客さんもついてくると思うのよ。

 

毎日が試行錯誤

怖がらないで、ちゃんとしたあなたのもらうべき価格設定をするべきよ。

最初はなかなか売れ無いかもしれない。だけどそれは売るセンスとスキルを研究することで必ず乗り越えられるはずよ。

胸を張って、あなたの受け取るべき価格設定をしてちょうだい。

 

と言っても、私もまだまだ試行錯誤の連続で、毎日少しでも改善できることがないかいろいろ試しているわ。

まずは正当な価格設定をすること、そして販売のスキルやセンスを日々探求する姿勢が大事なんじゃないかしら?

 

それじゃぁね〜!

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

<関連記事>

kinokonoko-h.hatenablog.com 

kinokonoko-h.hatenablog.com