キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

ハンドメイド販売は儲かるの?実際に数字を使ってシミュレーションしよう。

簡単に儲かる!なんて言われているハンドメイド販売。

それを聞いてなんとなく興味が湧いて、なんとなく始めようと思っている方も多いと思うの。

でもハンドメイド販売って本当にそんなに簡単に儲かるの?

実際に数字を出しながら考えてみましょう。

 

 

本当に儲かる?ハンドメイド販売の利益は、売り上げから材料費を引いただけではない

f:id:kinokonoko_h:20160516194909p:plain

あなたの作品はひとつ3,000円するとします。

材料代に800円かかりました。

販売手数料をミンネに10%(税抜き)支払います。

 

さて利益はいくらになりますか?

<手数料計算>

3000×0.1=300

300×1.08=324

 

3,000円-800円-324円=1,876円

1個作品を売ると1,876円の利益が手に入ります。

 

でも本当にコストはこれだけしかかかっていないのかしら?

 

違うわよね?

 

作品を発送するためには、梱包しなくてはいけないから

プチプチ・封筒・ダンボール・テープといった梱包材のコストがかかるわ。

 

他にもメッセージカードを入れるならカード代

クリックポストで発送するなら印刷代

郵便局まで車で行くならガソリン代が必要になってくる。

 

こういった細かいコストを全て引いた金額が本当の利益になるのよ。

 

ハンドメイド販売の労働時間はいくら?

じゃあ次にあなたの労働時間。

作品作りにかかった時間ね。

 

もし1つの作品を作るのに2時間かかって

1,800円の利益が出たとしたら

あなたの労働賃金は時給900円になるわね。

 

でも本当に労働時間はこれだけしかかかっていないのかしら?

 

違うわよね。

 

時間もコストと一緒で、作品作りだけじゃなくていろいろなところにかかってくる。

発送する際の梱包にも結構時間を要するわよ。

プチプチを作品サイズに裁断したり、ダンボールや封筒を組み立てたりするの。

丁寧に梱包したらその後は宛名の記入をして、郵便局まで持っていく。

 

この他にも作品を販売するまでに、材料を買いに行ったり、写真を撮影したり、商品の説明文を考えたり、お客様にメッセージを送ったり...。

 

作品作り以外の雑務の方が意外と時間がかかったりすることもあるのよね。

 

あなたのお時給はおいくら?

では雑務(写真撮影から発送等)を合計30分でこなせたとして

作品作りの2時間と合わせると2時間30分。

売り上げから原価とコストを引いて余ったのが1,800円

 

あなたのお時給はなんと720円。

 

なんと全都道府県の平均最低賃金よりも低いのであーる。

この他にも振り込み手数料で170円引かれたり...。

 

minneは販売手数料が10%+税だけど、creemaやpinkoiやiichiだとそれ以上かかることもあるのよ。(creemaは売り上げに応じた3段階の変動制)

 

でも時給720円っていうのはまだ良い方なのよ。

これよりもずっと低い利益しか出せていない作家さんもいると思うし

なにより売れなきゃ利益も入ってこないわけで、利益を出せていない作家さんもいるはず。それよりも在庫を抱えて赤字なんていう作家さんだっているのよ!

 

どうかしら?これでもあなたはハンドメイド作家になりたい?

ハンドメイド作家を続けられる?

 

次回は「どうしたらハンドメイド販売の利益率を上げることができるのか。」

気が向いたら書くわね♡

 

それじゃぁね〜

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

<関連記事>

kinokonoko-h.hatenablog.com 

kinokonoko-h.hatenablog.com