キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

あなたはまだハンドメイドジャンルのみで戦い続けるのか。

ハンドメイド作品=ハンドメイド販売専用サイトで販売しないといけないと思っていないかしら?

 

それってものすごく損していると思わない?

 

ハンドメイド作品を販売するための販路はたくさん用意されているわね。

ただハンドメイドだからってハンドメイド専用の販路で販売することにこだわらなくても良いんじゃないかしら?

 

 

ハンドメイドジャンルだけで勝負しなくてもいいんじゃない?

f:id:kinokonoko_h:20160527172959j:plain

ハンドメイド作品は「ハンドメイド」を一つのジャンルとして一括りにされることが多いのよね。

だけどその「ハンドメイド」ジャンルの中で販売されている作品は様々な種類に分けられる。

 

◼︎アクセサリー ◼︎ファッション

◼︎バッグ・財布 ◼︎家具

◼︎生活雑貨   ◼︎文房具

◼︎ベビー・キッズグッズ

◼︎ペットグッズ ◼︎アート・写真

◼︎フード

 などなど...

 

これだけのジャンルがハンドメイドの中で競い合いながら販売されている。

作品数もminneやCreemaだと200万点を越えているわ。

その中であなたのハンドメイド作品を見つけてもらうのは至難の技よね。

 

ハンドメイド作品をハンドメイド販売サイトで売ることは間違っていないと思うの。

ただね、そこだけで勝負をしなくても良いんじゃないかしら?

 

ハンドメイドにこだわらない人はあなたの作品を見てくれない。

ハンドメイド販売サイトには「ハンドメイド」や「手作り」であることを求めてやってくるお客さんもたくさんいるわよ。

逆にハンドメイドにこだわらないお客さんはサイトに訪れることがないから、あなたの作品を見る機会を失ってしまう。

これってものすごく損していると思わない?

 

例えばあなたがハンドメイドの帽子を販売しているとするわね。

帽子を探している一般のお客さんにとって、ハンドメイドであるかどうかは最初の判断基準にならないと思うの。

ほとんどの人は色や形といったデザインを基準にすると思うのよね。

となると例えあなたの作った帽子のデザインが良くても、ハンドメイド販売サイトのみで販売しているあなたの作品を、一般のお客さんに見つけてもらうのはとても難しくなってしまう。

 

あなたの作品を探している人がミンネやクリーマ以外にいる。

だからね、もちろんミンネやクリーマなんかで販売をするのも良いと思うんだけど、もしかしたらあなたの作品を探している人は、ミンネやクリーマ以外にいるかもしれないのよ。

ハンドメイド販売サイト以外の販路を用意しておけば、そのお客さんにあなたの作品を見つけてもらえるかもしれない。

例えば、帽子専門店としてネットショップを立ち上げるのはどうかしら?

セレクトショップなんかに置いてもらうのもいいかもしれないわよね。 

kinokonoko-h.hatenablog.com

 

ミンネやクリーマ以外の場所だと、ハンドメイドが強みになる。 

もちろん「ハンドメイド」という強みはいろいろな所で生かせると思うのよ。

デザインが良くて手に取った作品が「ハンドメイド」だと知ったら、ハンドメイドにこだわりが無かったお客さんも「ハンドメイドなんだ!素敵!」って思うかもしれないわよね。

すべての作品がハンドメイドであるミンネやクリーマだと「ハンドメイドであること」が強みになりにくい。

だけどハンドメイド販売サイト以外の場所だと「ハンドメイドであること」自体が大きな強みになるかもしれないわよ。

 

一度自分の作品を「ハンドメイド」から引き離して、いろいろな販路を考えてみるのも良いかもしれないわね。

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

<関連記事>

kinokonoko-h.hatenablog.com 

kinokonoko-h.hatenablog.com