キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

2016年6月からEMS(国際スピード郵便)の料金が改定し値上げに!EMSに代わるおすすめの配送方法は?

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 

今日お昼に台湾へハンドメイド作品の発送を行おうと郵便局に行ってきたんだけど。

いつも通りEMSを指定して送ろうとしたら、毎回私の対応をしてくれる要潤似のお兄さんが「料金改定しました!」なんて言うのよ。

まあ改定って言っても100円か200円ぐらいの値上げでしょ。って思っていたら...

 

いつもより500円も値上げされていたのよ〜〜〜!!(びっくり

 

 

EMSと国際船便小包郵便が値上げに。

f:id:kinokonoko_h:20160603194611j:plain

国際郵便の中で一番早くて便利な「EMS」と配送日数は少しかかるけど比較的安価に海外発送が行える「国際小包郵便」の「船便」が値上げされたみたいね。

 

EMSの料金が300〜500円の値上げ。

国際船便小包郵便の第1地帯「アジア地帯」(東アジア)の料金が100〜1550円の値上げに。

詳しくは下のリンクから詳細へ飛んでね。

内国郵便の料金割引の変更及び国際郵便料金の改定 - 日本郵便

 

私はよく台湾や韓国といったアジア地域に200~500gの商品をEMSで発送していたの。

EMSはこれまで300gまでの荷物が「¥900」で発送できていたんだけど、

今回の改定でこの300gの料金体型が廃止されてしまったのよ。

新しい料金体型では最低重量で500gまでが適用される。

そうなると300gの荷物を送るとしても、500gの料金が適用されて¥1,400かかってしまうから、一気に500円も値上がりしてしまったわ...。

f:id:kinokonoko_h:20160603193816p:plain

引用:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/0129_03_02.pdf

 

また、アメリカやカナダ、オーストラリアといったオセアニア・北米圏だとこれまた非常に深刻よ。

今まで300gの荷物をアメリカに発送すると1,200円で送れていたのよ。

だけどこちらも300gの料金設定が廃止されて500gからの設定になってしまった。

そうなると最低でも2,000円かかってしまうから800円の値上げに...。

今まで海外配送を頻繁に行ってきた人にとっては死活問題じゃないかしら。

 

EMSに代わるおすすめの配送方法!

じゃあEMSに変わる国際郵便にはどんなものがあるのかしら。

わたしのオススメは2つ。

国際eパケット

EMSに比べて配送日数が少しかかってしまうけど、EMSより安価に配送してくれる国際eパケットよ。

 

メリット

・EMSより安く配送できる

・EMSよりは配送日数がかかるが比較的早い。

(EMSは約2日〜3日、eパケットは約5〜6日)

・ネットで送り状を入力して印刷するため、宛名の手書き等が無く便利!

・国際書留付きなので、引き受けから配送まで記録できて安心。

・万が一、亡失・損傷したとき、6000円を限度に実損害を賠償してくれる。

f:id:kinokonoko_h:20160603193328p:plain

引用:http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2012/0305_01_c03.pdf

 

デメリット

・「国際郵便マイページ」への登録が必要。

・事前に「国際郵便マイページ」より「専用パウチ」を手配しておく必要がある。

・送り状を印刷するため、プリンターが必要。

 

小型包装物(航空便)+国際書留オプション

国際eパケットはパソコンやプリンターが必要だし、登録とか必要で面倒そう!っていう人は、小型包装物の航空便に国際書留のオプションをつけることで同等のサービスで配送を行うことが可能よ。

 

メリット

・パソコン、プリンター無しで手続き可能。

・事前登録も必要無し、郵便局に行くだけ。

 

デメリット

・料金が国際eパケットより少し高い。

(300gの荷物をアジアに送る場合、国際eパケット→780円、小型包装物航空便→470円+書留オプション410円=880円)

・手書きで宛名って面倒だよね〜(人によるか

 

もちろん配送先によって料金も変わってくるし、どちらの方がメリットが大きいのかその都度変わると思うの。

詳しくは下のページから配送する国や重量を指定して改めて料金を確かめてみてね。

料金・日数を調べる - 日本郵便

 

また今回紹介したサービスは2kgまでの小型荷物しか使えないのよね〜。

大型の荷物を発送する場合はEMSや今回料金改定を免れた国際小包を使うことになるわね。

 

pinkoiやEtsyでハンドメイド作品を販売している作家は早めの対応を。

ハンドメイド販売もpinkoiやEtsyの登場で、海外に向けて販売している作家さんが増えていると思うの。

各作家さんは早めに送料や配送方法の設定を修正したり、リピーターのお客様にお知らせした方がいいかもしれないわね。

私みたいに郵便局行くまで気づかないと500円出費が増えちゃうわよ!!

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

 

<関連記事>

kinokonoko-h.hatenablog.com 

kinokonoko-h.hatenablog.com