キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

pinkoiが7月1日から年内の手数料を無料に!海外へのハンドメイド販売を考えている人必見!

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 

pinkoiが2016年7月1日から年内の販売や決済に関わる手数料を無料にするキャンペーンを行うと発表したわ。

販売について | Pinkoi | アジア最大級のデザイナーズマーケット

 

2016年12月31日まで、販売に関わる手数料が全て無料になったと言ってもいいわね。

 

 

無料になるpinkoiの手数料とは

f:id:kinokonoko_h:20160613193536p:plain

 

pinkoiで販売を行うと通常「販売手数料」として販売代金の10〜15パーセントを、「決済手数料」として販売代金の5パーセント、10台湾ドル〜15台湾ドルもしくは160円を支払わなければいけないのよ。

またpinkoiから販売代金を自分の口座に振り込んでもらうのに約180円の振込手数料の支払いが必要だった。

でも今回のキャンペーンによってこれらの手数料が無料になったのよ。

f:id:kinokonoko_h:20160613191917p:plain

 

たとえばpinkoiで50,000円分の作品が売れたとすると、これまでは約5000円から8000円を手数料として支払わなければならなかったのが、これを一切支払わないでよくなるってことよね。

手数料の額って売れば売るほど高くなるから、たくさん販売を行っている作家さんにとってはとっても嬉しいわよね。

それに今までminneやCreemaで販売していた作家さんが、pinkoiを使って海外販売を始めるキッカケになるんじゃないかしら、

 

pinkoiが手数料無料キャンペーンを行う理由

pinkoiが無料で手数料のキャンペーンを行うのは、各作家さんに海外販売を本気で取り組んでもらいたいからじゃないかしら。

たとえば新しい作品の販売を開始するとなると、各ハンドメイド販売サイトに商品登録を行わないといけない。これってものすごく面倒な作業なのよね。

そこで私はとりあえず最初に、自分のネットショップ・minne・Creemaに商品登録をするの。その後順次pinkoiを含めた他のサイトに登録していくの。

 

だけどpinkoiの手数料が無料なら、できるだけpinkoiで自分の作品を売りたいから、登録作業も早めに行いたいって思うじゃない?

もっと各作家にpinkoiを主戦場として販売を行って欲しい。そう考えているんじゃないかしら。

 

それに今後続々と日本のハンドメイド販売サイトが海外販売に参入してくると思うの。

Creemaもこの前資金調達を行った際に、海外販売を含めた新規事業への取り組みを行うとプレスに書かれていたわね。

こうなってくるとpinkoiは日本の作家さんを早めに取り込もうとするのは自然の流れじゃないかしら。

 

一足先に海外販売を行うのもあり。

今のところハンドメイドの海外販売を本格的に行えるのはpinkoiだけだと思う。

ただこれから海外に向けて作品を販売する作家さんも増えてくるんじゃないかしら。

一足早く、海外販売を経験するのもいいと思うわよ。

ぜひ手数料無料のpinkoiを検討してみてはどうかしら? 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

<関連記事>

kinokonoko-h.hatenablog.com

kinokonoko-h.hatenablog.com