キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

布物や編み物はハンドメイド販売の中で売るのが難しいジャンルだと思う。

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 

最近思うのよ。「あぁ、布物って売るの難しいんだな」って。

ハンドメイドのジャンルってたくさんあるけれど、その中でも布物と編み物って結構売るの難しいと思うのよね。

 

布物をハンドメイド販売で売る難しさ。

f:id:kinokonoko_h:20160708161302j:plain

私も一部の作品で布物を扱っているわ。

ただ布物って販売が難しいジャンルだと思うのよね。

販売も難しい上に利益も出しにくいと思うのよ。

その中でも私は恵まれている方で、利益が多少は出せているわけだけど、これもいつまで続くか分からない。げろげろ。

ということで、今日は布物を販売するのがなぜ難しいのか考えてみたの。

 

布物は取り掛かりやすいから競合が多い。

布物ジャンルってハンドメイドを始めるにあたり、取り掛かりやすいジャンルなのよね。

学校の家庭科では手縫いからミシンまで布の縫い方を習う。

最近の若者は男子も女子も関係なく、みんな習っているわよね。

そして手芸店に行けば布物の材料がたくさん売られている。

だからある程度作り方も想像がつきやすいし、取り掛かるハードルも低いと思うのよ。

ハンドメイド販売の中では結構競合の多いジャンルなんじゃないかしら。

競合が多ければその分販売するのは難しくなるのよね。

 

ただ、布物って皆さんが思っているほど簡単じゃないのよ〜。

見えないところでものすごく手間がかかっている。

材料は手芸店に行けばある程度揃えることができるけど、制作には時間も労力も掛かるのよね。だから利益が出しにくいジャンルだと思う。

全国の布物を扱うハンドメイド作家の皆さんは、本当にいろいろなところで苦労している努力家だと思う。

 

布物ハンドメイド作品は身近に感じやすい。

そしてこれも布物を販売する難しさの大きな理由の一つだと思う。

弁当袋、通学カバン、レッスンバッグに巾着入れ、ハンカチに布団カバー。

誰もが小さいころ一度は作ってもらったことがあるんじゃないかしら?

お母さんがせっせと拵えてくれた布物ハンドメイドは、私たちの小さいころから身近にあるアイテムの一つよね。

そう、布物ハンドメイドは「私たちにとって身近すぎる存在」だったの。

 

だからね、布物作品を見つけても

「あー。かわいいけど、私でも作れそうだなー」とか

「これ、お母さん作れるわー。」とか考える人って他のジャンルに比べて多いと思うのよ。

相当ハードルが上がるジャンルだと思うのよね。

 

そして身近にありすぎるから手間がかかっていることも分かりづらい。

だから販売価格も高く設定しにくいのよね。そして利益も出しにくい。あぁ、無情。

 

編み物も布物と同じくらい「身近な存在」だ。

これは布物以外に「編み物」ジャンルにも共通する部分があると思うの。

私の周りには編み物を趣味でやっている人が大勢いた。

だから布物と同じく身近に感じやすいジャンルだったのよね。

その上編み物って販売しやすい季節が限られてしまうジャンルでもあるのよね。

こうなってくるとますます販売するのが難しくなってくるわ。

他にも「身近な」ハンドメイドジャンルってあるかしら?一度考えてみるのも良いかもしれないわね。

 

販売の難しさを踏まえた上で、どう販売するのか。

こういった昔から身近に存在するハンドメイドジャンルっていうのは、他のジャンルに比べて販売のハードルが上がるよね〜っと思ったの。

だからその上でどうやって販売していくのか。

作るスキルを上げるのか?売るスキルを上げるのか?

より一層、策を練ることが必要になってくると思わない?

 

布物でも人気な作家さんはたくさんいるわよね。

その作家さんに共通することは何かしら。

私たちとの違いはどこにあるのかしら...。

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪