キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

Creemaの海外販売は長い目で見ることが大事だよね。

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

昨日、海外展開をスタートすることを発表した「Creema」だけど、ハンドメイド販売の海外進出は長い目で見ることが必要だと思うの。

昨日の記事↓

www.kinokonoko-h.com

 

海外販売は最初から大きく結果を出すのは難しい。

f:id:kinokonoko_h:20160713181901j:plain

私たちってすぐに数字が伸びることを期待することが多いじゃない?

だけど日本のサービスがちょっと海外に進出したからってそれを望むのは非常に酷なことだと思うのよ。

 

まず今回進出を果たした台湾は人口や市場規模からみても日本より少ないのは分かるわよね。

現に台湾発のハンドメイド販売サービス「Pinkoi」は台湾の市場規模の小ささから必然的に世界を目指すことになったとインタビューで語っているわ。

 

www.kinokonoko-h.com

 

その台湾に日本の企業が進出しただけじゃ、多くのクリエイターの販売額が伸びることはそう無いと思うのよ。

本格的な海外進出は台湾・香港だけじゃなくて中国語圏全土でサービス展開がスタートしてからかなって私は思うの。

 

Etsyを目指すのではなくて、一つでも多くの日本の作品を世界に届けて。

ただ海外にはEtsyといった不動の地位を築いているハンドメイド販売サイトがすでに存在するわけよね。

ここに追いつけ追い越せっていうことはすぐには無理な話だと思うし、クリーマ側もそれを狙っているとは思えないのよね。

 

今回、日本の優秀なクリエイターの作品が世界に渡るための一本の架け橋としての役割を、クリーマは担っていると思うのよ。

すぐに売り上げを上げたい人や結果を出したい人は、方向性がちょっと違うかもしれないわね。

 

それでもこれからいろいろな国でサービスを展開していくのなら、最初の台湾や香港である程度の実績は必要になってくるわよね。

そこは台湾・香港で、クリーマがどれだけ名前やサービスを広げられるかにかかってくると思うわ。

 

海外の作品を日本人に知ってほしい。

そして私はもう一つ期待していることがあるの。

それは海外のクリエイターの作品が日本で流通することよ。

Pinkoiを見ていると分かるんだけど、海外には日本のクリエイターに負けないくらいクオリティの高い作品を作る作家さんがいるわ。

その人たちの作品を日本のお客さんにぜひ買ってもらいたい。

 

ほら、日本人って海外の作品や商品を買うのに慣れていないし、敬遠しがちじゃない?

だから日本発サービスの「クリーマ」が今回海外の作家の作品の販売も行うって聞いて、嬉しかったのよね〜。

海外作品が日本人にも広まってくれると嬉しいな。

 

あ、でも、そうなってくると私たちハンドメイド作家は海外の作家もライバルになってくるのよね。

ムムッ、これは難しい問題よね。

 

長い目で見ていくことが大事だよね。

もちろん海外に目を向ける姿勢は大事だし、素晴らしいし、日本のハンドメイド販売サイトに必要なことだと思う。

ただこれが結果として現れるのはしばらく先で、長い目で見ることが大事だと思うの。

これまでのCreemaを見ればわかるけど、地道にコツコツ作家数、作品数、販売実績を伸ばしてきた姿勢。これを続ければ海外での販売もいい方向に向かうと思うのよね〜。

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪