キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

ハンドメイド作家におすすめの映画「繕い裁つ人」がHuluで配信スタート!

ハンドメイド作家のみなさん。

時には息抜きも必要じゃないかしら?

以前紹介した映画「繕い裁つ人」がHuluで配信スタートされたみたいよ。

 

「繕い裁つ人」がHuluで配信スタート!

f:id:kinokonoko_h:20160625053452j:plain

映画「繕い裁つ人」は祖母の洋裁店を継いで、街の仕立て屋さんとして毎日洋服を繕う主人のお話。

 

ファストファッションだったり、量産された服が溢れる現代に、一点モノにこだわる主人公市江の姿勢は私たちハンドメイド作家の胸にも訴えかけるものがあるわ。

 

この映画は一着を着続けることの大切さを教えてくれる。


映画『繕い裁つ人』本予告

 

詳しくは前回紹介したブログ記事を読んでね。

www.kinokonoko-h.com

 

新作もすぐに公開されてしまうHuluの恐ろしさ。 

この映画「繕い裁つ人」だけど、この前DVDが出たと思ったら、もうHuluで配信がスタートしてたのよ!

最近はHuluやNetflixですぐに新しい映画が配信されちゃって、DVDを買うのが怖くなっちゃう!

Huluは2週間無料でサービスを試すことができるから、まだ「繕い裁つ人」を見ていない人は、ぜひチェックしてみてね〜。

 

もう一つオススメの作品!ドラマ「カーネーション」

f:id:kinokonoko_h:20160905184828j:plain

Huluには他にも私のオススメのドラマが配信されているの!

2012年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」よ。

 

大正から昭和、そして平成にかけて洋服へ思いを寄せる主人公が、洋裁屋として奮闘する姿を描いた作品よ。

主人公はあのコシノ3姉妹のお母さん小篠綾子さん。

 

この作品も一つ一つ手作りで作られる洋服の魅力を、丁寧に伝えてくれるとっても素敵な作品。

大正から昭和と洋服の認知度や知名度がどんどん上がっていくにつれて、変化していく環境も興味深いの。

売り方も一つ一つサイズを測って作るハンドメイドから、サイズを規定して大量生産する「レディメイド」っていうやり方に変化していく過程に、主人公の葛藤があったりして、面白い。

 そして後半は世界的デザイナーコシノ3姉妹の物語も絡んでいて、私も頑張らなきゃってモチベーションを上げてくれる、そんな作品よ。

「繕い裁つ人」と一緒に、ぜひ見て欲しいわ〜。

 

まだまだ暑い日も続くし、頑張り続けているハンドメイド作家の皆さん。ちょっと息抜きに映画やドラマを見るのはいかがかしら? 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪