キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

ハンドメイド販売はITやパソコンに強い人が有利。

ハンドメイド販売で非常に大きな力になってくれるものがある。

「パソコンが使えること」「ITに強いこと」ね。

この二つのスキルを持っているだけでハンドメイド作品を販売する可能性が広がると私は思うの。

 

 

インターネット販売はITやパソコンに強い人が勝つ。

f:id:kinokonoko_h:20161014194626j:plain

ハンドメイド販売って今はミンネやクリーマで売ることが何よりの近道になっているでしょ?

フリーマーケットでちまちま売ったり、初っ端からイベントで販売するよりも

インターネットで販売する方が最初のハードルも低いし、簡単なのよね。

だから最近はハンドメイドを売るのに、インターネットを使うことが主流になってる。

 

ということは、それに伴って重要となってくるのが「パソコンスキル」「ITスキル」よ。

 

「パソコンスキルが高い」「ITに強い」ことは大きな武器になる

「パソコンスキルが高い」ってインターネット販売をするにあたり、非常に重要なことだと思うの。

今ってパソコンがあれば何でもできちゃうでしょ。

例えばパソコンでデザインソフトが使えれば、ロゴや広告だって自分で作れちゃう。

写真編集ソフトが使えれば魅力的な写真を用意しやすくなるわね。

他にも経理関係をパソコンで済ませれば非常に楽になるのよね。

パソコンが使えるだけでハンドメイド販売に必要なスキルが飛躍的にレベルアップすると思うの。

 

そしてもう一つは「ITデバイスやサービスに抵抗がない」ってことね。

パソコンもスマートフォンも日々進化しているわね。

インターネットサービスだって新しいものがどんどん増えているわ。

他にも新しいアプリやこれまで使ってきたSNSサービスも日々進化していく。

そういった新しいものに対して抵抗なく使えることはインターネットを使って作品を販売する作家にとって非常に有利よ。

そしてIT用語だとか知識に強ければ、新しいものやサービスが出てきた時に、それを理解するのが早くなるのよね。

 

どんなに素敵な作品が作れても販売スキルが無ければ多くの人に目にしてもらうのは難しいと思うのよ。

 

やっぱり販売スキルって大事だと思うわ。

そしてその販売スキルは「パソコンが使える」「ITに強い」っていうことがものすごく大きなポイントになっているんだと思うの。今の時代ね。

 

作品のクオリティやアイデアももちろん大事よ。それが基礎として無ければ長くは続けられない。

だけどその上で販売スキルも重要で、その中で「パソコン」「IT」に強いことは大きな武器になると私は思うの。

 

「ITに疎い」「パソコンに弱い」人は相当努力が必要?

だからそういったものに疎い人にとっては最初から不利だったりもするのよね。

インターネットが登場してハンドメイド販売はネットを使うことでハードルが非常に下がったの。ただそのハードルを越えた後に待ち受ける「作品を売り続けるハードル」を越えるのは結構大変なのよね。

ITに疎かったりパソコンに弱かったりするとそのハードルの高さはどんどん高くなる。

 

まあ、それでもスマートフォンが出てきて、パソコンがあまり使えない人でもハンドメイド販売サイトにアプリを通して参加できるようになった。

そして写真もある程度キレイに撮れるし、加工もアプリ一つでできるようになったのよね。

だから学ぼうとする姿勢と努力さえあれば、スキルを身につけることもできる可能性はあると私は思うわ。

ただそれには非常に努力が必要よ。特に年配の方はまだITデバイスにアレルギーがある人も多いと思う。あら、大変。

 

そのためには日頃から情報を掴んでおくことがやっぱり大事なのね。

そして何事もチャレンジしてみること。

 

まあ、良い時代なのか、悪い時代なのか、人によって違うけれど、いつの時代にも努力しなければいけないことは一緒よね。

それじゃあねぇ!

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

 

<関連記事> 

www.kinokonoko-h.com 

www.kinokonoko-h.com