キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

読みにくい作家名やブランド名はお客さんに対して失礼よ。

「あ、いいな!」とか「センスあるな!」と思う作品に出会うことがあるんだけど

作家名やブランド名を見ると「ん?」と思うことがよくあるのよ。

 

素敵な作品なのに、作家名やブランド名が読めない!

f:id:kinokonoko_h:20161026161007j:plain

 最近は本当に色々なハンドメイド作品が販売されていて、私も作家側ではあるんだけど、minneやcreemaを開くと目移りしちゃうわ。

 

特にメンズ向けの作品が増えてきていて、私はとっても嬉しい!(おかまだけど

 

でもね、非常に残念なことがあるのよ。

それが作家名やブランド名なの。

 

作品を見て「センスあるな〜可愛い!」と思って、その作家のプロフィールページに行くと「?」って思う。

 

「作家名(ブランド名)読めねー。」

いや、これ結構あるのよ。

変に小洒落ていたりするのよね。本人は一生懸命考えたつもりなんだろうけど。

 

英語ならまだいいのよ。大体予想つくじゃない?

でもフランス語だったり中には造語でローマ字を並べていたりするの。

しかも読み方が一切書かれていないのよ。

これって全くお客さんのこと考えていないわよね。

 

読み方がわからない作家名・ブランド名は、お客さんに不親切。

お客さんにとってお気に入りの作家やブランドができることって、とっても嬉しいことなのよね。

そして嬉しいことって人に伝えたくなるじゃない。

作品を身につけて友達に褒められたら、その作品を紹介したくならない?

そんな時、作家名やブランド名が読めれなかったら、紹介できないじゃないのよ。

 

それだけじゃないわね。

あなたのファンになってくれて、イベント出店の時に会いに来てくれたお客さんが作家名を読めなければ声が掛けづらいじゃないのよ。

もし読みかた間違えていたらどうしようって不安がる。

 

そして読み方がわからないって「覚えづらい」っていうことに直結するのね。

読めなければ愛着が湧かないし覚えてもらえないのよ。

 

だから作家名やブランド名を変に小洒落させて、読みかたが分かりにくくなるっていうのは「お客さんにとって不親切」であることを心得ておきましょう。

 

作家だからこそ見えないことってあるのよ

もちろんあなたにとっては思い入れのある名前なのかもしれない。

「私のお店なんだから作家名やブランド名くらい好きにさせろ!」っていうのもわかる。

でも「お客様」がいてこその私たち「作家」よ。

別に老人ホームのような分かりやすい名前をつけろとは言わない。(「あじさいの家」とかね。

 

でも日本語以外の言葉で名前をつけたのなら、プロフィールページに読み方ぐらいつけろって話よ。

 

作家だからこそ見えないことってあるのよね。独りよがりになりすぎるのもあまり良いことではないわよね。気をつけましょう。

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪ 

 <関連記事>

www.kinokonoko-h.com 

www.kinokonoko-h.com