キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

対価の無い頼みごとにうんざりしてる人はネットショップを始めればいい。

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家よ。

 

「手芸得意でしょ?これ作ってよ!」

あなたはこういう頼みごとをされたことはないかしら?

 

私は母親でもないただのゲイなんだけど、ママ友とかの会話でありそうじゃない?(知らんけど

 

まあママ友のいない私でも、昔からこういう頼まれごとをされてきたわ。

この「頼まれごと」ってとても厄介じゃない?

 

何かを「作ること」って世間の人が思っている以上に大変なのよね。

でも「頼みごと」をしてくる人ってそういうコトわかっていないのよ。鈍感なの。だから平然と頼んでくる。

 

でも私たちもダメなのよね〜。だって断れないんですもの。断れないチキンハートなのよ。

でもね、ネットショップを開くと、こういった面倒な頼まれごとを断りやすくなるかもしれないわよ。

親しく無い人からの頼みごとにウンザリ。

f:id:kinokonoko_h:20161111182549j:plain

図々しく頼みごとをしてくる人っているのよね。

あなたがもしハンドメイドが得意で作品を作っているなら。

「これ作ってよ〜」なんて頼んでくる人はいない?

 

ハンドメイド以外もそうよね。

私は昔からパソコンが得意で、デザインソフトなんかも少しだけいじれたのよ。

そうなるといろいろ頼まれごとされることがあるのよね。

「今度サークルのロゴ作ってよ」とか「お店のチラシ作ってよ」とか。

カメラも少しいじってるから「ちょっと写真撮ってよ」なんて簡単に頼んでくる。

もちろんそれに対価はほとんどないわけよ。

 

私もお世話になっている人や、親しい友達なら喜んでやらせていただくわけだけどさ。

不思議と親しい友達ほど対価をちゃんと支払ってくれるのよね。

 

その反面、あまり親しくない人からの頼まれごとは「対価なし」がほとんど。

そういう人はきっと、頼む人のこと下に見てるんでしょうね〜。

 

断れない私たちにも非があるの。

でもさ、私にも非があるのよね。

だって断れないじゃない?いい格好しいってやつよ。

チキンハートなのよね。

だから頼みを受けちゃうのよ。

厄介なのは1人の頼みごとを受けちゃうと、その後続々と違う人からも頼まれごとが流れ込んでくる。

 

いやいやいや。金払え。

もしくはち◯こ見せろ。コノヤロー。

 

でも大学を卒業した今、そんな慈善事業なんてしてられないじゃない。

だから私は断るようにしたの。もしくはちゃんと料金を請求するようにしたわ。

でもやっぱりお金の話ってしづらいじゃない?大事な話なのにね。本当ダメだわジャパニーズピーポー。

そこで、そんな気弱なチキンハートなあなたにオススメなのが、ネットショップを始めることよ。

 

ネットショップを開いて自分のポートフォリオを見せよう。

ハンドメイドをしている人はハンドメイド販売を始めてほしい。

売るのを目的としなくてもいいの。

ただ数点でも販売をしてみるのよ。

 

販売を始めればたとえ「趣味」でやっていたとしても「趣味」に見えなくなるのよ。

販売を始めたことを周りが知れば「この人にはタダで頼みごとしにくいな」って思うはず。

それにもし面倒くさい頼まれごとをされても、お金についての話がしやすくなるじゃない?

「私は自分で作った作品をこの値段で販売しています」って。

 

なんていうのかしら。

デザイナーだと自分の作った作品をまとめて「ポートフォリオ」を作るんだけど

ハンドメイド作家も自分のネットショップを作って「ポートフォリオ」のように見せるのもありよね。

 

おすすめはBASEで無料の「ネットショップ」を開くこと

私がお勧めするのはBASEで「自分のネットショップ」を作ることね。

ハンドメイド販売サービス「minne」や「creema」で販売を始めるのもいいと思うのよ。

でもminneやcreemaのことを知らない人も多いのよね。

そういう人って「メルカリ」や「フリル」といったフリマアプリと混同しちゃうこともあると思うのよ。

 

でもネットショップは自分だけのものだし、ちゃんと商売をしているってすぐに理解してもらえると思うの。

BASEなら無料で簡単にネットショップが作れるわよ♪

 

面倒な頼まれごとの数々にウンザリしている迷えるハンドメイド作家の皆さん。

ぜひ試してみてね〜。

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪