キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

エッグベネディクトの写真を何十枚も撮り続ける女をハンドメイド作家はバカにしてはいけない。

GWに帰省した際、高校時代の女友達とランチに出かけたの。

田舎の街では珍しいちょっと小洒落たカフェで、これまた田舎では珍しいエッグベネディクトを私たちは注文した。

「あんたどんだけ写真撮るの!?」

彼女がエッグベネディクトが運ばれてきてからずっと写真を撮り続けてたから、思わず出てしまった一言だった。

 インスタグラムに取り憑かれた彼女

f:id:kinokonoko_h:20170516012450j:plain

 

確かに彼女の撮る写真は上手い。

特に料理の写真を撮るのがめちゃくちゃ上手くて、必ずその店に行ってみたい!と思わせてくるのよ。

ただ一緒にご飯に行くと気付くんだけど、こいつ尋常じゃないくらい写真撮るわけ。

私だって食事に行った際はなんだかんだ写真撮っちゃうけどせいぜい2〜3枚撮って終わり。

けれど彼女はきっと数十枚以上撮っている。

飯は動くわけじゃないから同じような写真が何枚もフォルダに溜まっていくのだろう。

こうやってインスタ映えする写真を撮る人が増えているけれど、まさに彼女はそのインスタグラマーの1人ってわけ。

正直私はこの光景が滑稽だなと思ったし、絶対こんな風にインスタに取り憑かれたくなんかないわ!って思ったのよね。

 

インスタグラムの力は侮れない

けれど私に彼女を滑稽と思う資格なんてなかった。

むしろ見習わなきゃいけないのよ。

それはなぜか...。

 

私がハンドメイド作家だからよ。

 

そうなの。ビジネスやってたのよ。

商売人だったの!!!!

 

なのにインスタグラマーの友人をバカにしていたのよ!

 

というのもインスタグラムの力って侮れないのよ。

写真一枚で見ている人を惹きつけることができる。

その力って一般人以上に私たちハンドメイド作家は必要なわけ。

 

今やインスタグラムの運用でそのまま注文につなげることだってできるわけだから。

 

私たちは彼女をバカにしてはいけない。

ハンドメイド作家ってSNSを上手く活用することによって、ものすごくお客さんを集めることができるのよね。

個人で活動する人にとって、ものすごく価値のあるツールになっているの。

でもこれを上手く活用できている人ってめちゃくちゃ少ないのよね。

 

だってほとんどの人が真剣に取り組んでいないんだもの。

私もその一人で、最近は面白みのないお知らせ写真ばかり載せちゃってるし、更新も滞ってる。

 

本当にインスタグラムを活用できる人っていうのは、エッグベネディクトを何十枚も撮り続ける彼女のような、インスタに並々ならぬ思いを持っている人なの。

 

だから私たちハンドメイド作家は、彼女たちをバカにしてはいけないのよ。彼女たちはむしろお手本になりうるのだ。

 

インスタの運用は思っている以上に難しい

インスタを使いこなす人は日常を彩るのが上手い。

ちょっとみんなが憧れちゃうようなイメージを演出するの。

彼女らのギャラリーには普段の生活感はほとんど存在しない。

 

どんな写真を載せるのかっていうブランディングと

実際に写真を上手に撮る撮影スキル

これらを駆使してギャラリーを彩っていくの。

 

ハンドメイド作家のインスタ活用って作品を載せていくことももちろん重要なんだけど

たまには日常の写真も載せるのが効果的だったりすると思うのよ。

 

だけどこれが非常に難しい。

日常だけど本当の日常を見せてはいけない。

ちょっとした演出も必要だったりする。

だけどやりすぎは禁物。

本当に少しだけでいいのだ。適量ってやつ。

 

ね、難しいわよね。

それを世のインスタグラマーはやってのけていたりするのよ。

 

エッグベネディクトの彼女も、実際はめちゃくちゃ部屋汚ねえのに、インスタのギャラリーからはそれを全く感じさせないのだ。

あっぱれ。

 

やるもよし、やらないのもよし。 

なんだかインスタ難しいなって思ってしまうわよね。

そう、何事も努力って必要なのよ。

 

テレビやネットニュースで取り上げられるインスタ命の彼女たち。

時にはちょっとバカにするような取り上げ方をされているけれど

私たちハンドメイド作家は学ぶこと多しよ。

 

「難しそうだからインスタやらない!!!」

それもいいかもしれない。下手に始めて中途半端に終わるよりかは、もっと力を入れるべきところはたくさんあるはず。

 

ただ、はじめは誰もが素人なわけだから、今から始めて半年後、1年後にびっくりするようなエッグベネディクトの写真が撮れるようになっているかもしれないわよ。

 

何より、インスタに限らず写真が命のハンドメイド販売にとって、常に写真を撮る意識を持つって大事なことだから、そういう意味でもインスタグラムやってみるのもいいかもしれないわね。

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪