キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

2年使い続けたクリックポストをやめてレターパックライトに変更した話

こんにちは、ゲイのハンドメイド作家です。

更新が途絶えていたけれど、私は元気よ。

ツイッターではハンドメイドに限らずいろいろつぶやいて生存確認できるから、お暇な人はぜひフォローしてね。

 

さてさて、今日は配送方法のお話。

実はこれまでハンドメイド販売の配送方法では「クリックポスト」を利用してきたんだけど、4月から「レターパックライト」へ変更したのよ。

ハンドメイド販売を初めて2年程たったんだけど、配送方法を変更するのは今回が初めて。

なぜ変更に至ったのかをお話しするわね。

 

f:id:kinokonoko_h:20170710235407j:plain

 

沖縄までの到着に1週間もかかった!

実はクリックポストってとっても安くて便利な発送方法なんだけど、お客さんの手元に届くまでの明確な日数が示されていないのよね。

日本郵政のお届け日数を調べるページでも、クリックポストの日数に関しては記載がないのよ。

それでも追跡が行えるから、何度も利用していればだいたいこれくらいで届くかな?ていうのが分かってくる。

私の感覚だと、定形外郵便と同じか、もしくは1日遅れるぐらい。

 

そんな感覚でお客様にお届け日時を聞かれたら、目安として日数をお伝えしていたのよ。

 

けれど...事件は起きたの!!

 

ある日、沖縄県に住むお客さんから注文が入った。

お客さんが作品を使用する予定日までは5日間ほど時間があったわ。

これだけ余裕があれば到着するだろうとたかをくくっていたの。

けれどお客さんの手元に届いたのは1週間以上あとだったのよ!!

 

お客さんから作品が届かないという連絡が来て、心臓が止まった。

結局希望の日数までにお届けできず、謝罪して返金を行ったわ。

 

クリックポストは陸路輸送

クリックポストって安いし、追跡もできるしで、とっても便利なんだけど

実は「陸路輸送」なのよね。

日本郵政の人によれば、沖縄への発送は飛行機を使わず船便で送るみたいなの。

しかも鹿児島がチェックポイントになっていて、まず鹿児島へ到着するまでに、そこそこ時間がかかる。

そして鹿児島から船便で沖縄に到着するまでに2日程かかるの。

追跡をしてもなかなか情報が反映されないし、ちょっと酷い状況だったわ。

 

これが大きなきっかけとなって、私はクリックポストではなくレターパックライトを使おうと決心したのよ。

 

私はお客さんからの信用をとる

クリックポストは164円で送ることができるし、ネット上で宛名を印刷できるし、クレジットカードで決済までできる。

送る回数が多い人にとっては、とても管理しやすくて便利なサービスなんだけどね。

 

それでも配送までの日数があやふやだし、沖縄まで1週間以上かかる。

正直これはお客様への信用問題にもつながると思うのよ。

 

レターパックライトは360円するし、宛名は手書きだし、コンビニか郵便局まで調達しに行かないといけなくて、少し面倒だけど、配送スピードはめちゃくちゃ早いわよ。

ほとんどの場所に翌日には到着してる。

 

お客さんはやっぱりお金払ったら1日でも早く手元に届いて欲しいだろうし、手元に届くまでの日数が明確な方が信用してもらえるわよね。

 

ちょっとしたことかもしれないけれど、配送方法はこちらが用意するものだから、できるだけお客さんにとって安心できるサービスを選ぶことが大事よ。

 

値上げ分の送料は?

あ、みなさんもう一つ心配されてることがあるわね。

そう、送料よ。

クリックポストは164円。

レターパックライトは360円。

 

お客さんからしてみれば、約200円も送料が値上がりしたって思われても仕方ないのよね。

お客さんって送料には敏感だから200円値上がれば、もしかしたら注文が減ってしまうんじゃないか!って思うわよね。

 

でもね、私はある方法を使って送料問題も乗り越えたわ!

これはまた次の記事でお伝えするわね。

 

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪