キノコノコのハンドメイド販売ブログ

ゲイが伝えたいどうでもいいハンドメイドと日常の話。

BASEとminneとcreemaのCMが私たちにもたらすもの。

BASEがとうとうCM放映を開始するそう。

しかも起用されたタレントが香取慎吾という、これとない人選なわけよ。

f:id:kinokonoko_h:20180221145458p:plain

 

年末のminneのCMに始まり、2月にはcreemaも初めてのCM放映を開始して、とうとうBASE もCMを始めるみたい。

ネットショップ作成サービス「BASE」、初のオフィシャルメッセンジャーに香取慎吾さんを起用! ‐ テレビCMも3月3日(土)より全国放映開始 ‐ | BASE, Inc.

 

普段がっつり使っているサービスのCMが立て続けに放映されるって結構すごいことよね。

minneのCMのが放映された時も友達から「これ、キノコノコが販売しているサービスのCMでしょ?」ってLINEきたりして、結構嬉しかったし、誇らしかったりしたのよね。

 

だからBASEのCMが流れるのはめちゃくちゃ楽しみ。

minneの年末のCMは関東中心だったし、CreemaのCMは東京で中々お目にかかれていないことを考えると一部地域限定?だったのかしら。

でもBASEはプレスリリースの中で「全国放送(一部地域を除く)」って記載されているから見る機会も多そうだし、インパクトも強そう。

 

それにしてもBASEが慎吾くんを起用してくるところ、非常にうまいなぁと思った。

慎吾くん自身もアーティストとして活躍しているってことでBASEのサービスと親和性がとても高い。

またグループが解散して個人としての活動増えているところに注目が集まっている今、ベンチャーとして勢いのあるBASEが起用するのも頷ける。

 

さて、こうやって3つのサービスのCMが放送されることで、利用者である私たちにはどういった影響があるのか。

 

作家自身の感情に目を向ければ「嬉しい」し「誇らしい」感じがするわよね。

 

販売者としてみれば、サービスを知ってくれる人が増えれば「お客さんが増える」ということだからこれまで以上に作品が売れるようになるかもしれない。

でもそれはお客さんと同時に「作家も増える」可能性があるから、ライバルも増えることになるかもしれないわね。

 

そしてもう一つの重要な影響がある。

それは「ハンドメイド」の価値が上がること。

 

minneのCMでは佐々木希ちゃんの動きに合わせて様々なクオリティの高い作品がたくさん紹介された。

f:id:kinokonoko_h:20180221145918j:plain

minne クリスマス「世界にひとつだけの贈り物」 / 佐々木希さん出演 - YouTube

 

CreemaのCMは作家さんに目を向け、制作中のシーンを中心に紹介していた。

f:id:kinokonoko_h:20180221145810p:plain

【Creema_テレビCM】作家篇(ナカオランプさん) - YouTube

 

BASE のCMはまだ公開されていないからどんなものかはわからないけれど、BASEを使っている7割の人が自分で作ったものを売っているということと、香取慎吾くんを起用したということは、やはり「つくる」という価値にフォーカスされたCMになるんじゃないかなぁと予想しているわ。

 

もちろん各サービスのお客さんが増えて流通額や売り上げが上がり成長していくことも私たちにとっても大事なことよ。

でも今後「ハンドメイド=安っぽい」というイメージをいかに無くしていけるかが市場を成長させていく上で本当に大事なことだと思うの。

 

それはきっとどのサービスも考えていることであって、だからこそ作家さんや作品にフォーカスしたCMを制作しているんじゃないかしら。

 

CMってやっぱりまだまだインパクトが大きい一つのメディアだと思う。

そのメディアを使って各サービスでハンドメイドの価値を上げてくれている。

それは私たち作家個人の力だけではできないことなのよね。

 

BASEのCMクリエティブが今から楽しみで仕方ないわ。

読者登録はこちら 

ツイッターもフォローしてねん♪